カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
栃めし椀
10,000円(税込)
500 ポイント還元
5・
購入数

NO04
栃めし椀
10,000円(税込)
500 ポイント還元
素材: 栃、本漆
塗り手法:生漆で木地固めをし黒漆での塗り、砥ぎ、乾燥を数回繰り返し、透き漆を最後に塗って温か味を出している。尚、漆器の世界ではめずらしく、作者は木地づくりから、木地固め、上塗りまで通常3人のエキスパートが行う仕事をひとりで行っている。堅牢にするために乾燥には人一倍時間をかけて納得のいくモノ作りをしている。
サイズ(mm): 120(W) x 60(H)  約85g
ひと言: 漆の黒色は「漆黒」と呼ばれ、黒色の最高級の表現として使われる。しかし、伝統工芸品のイメージが強く、身近なものとしてその美しさをなかなか実感できない。高級といわれる漆器の見事な艶も蛍光灯の下で暮らす現代の住空間では、浮き立つようなよそよそしさを感じるからだ。そんな中で兵庫県の漆器作家、野村俊彰さんの作る黒塗りの栃めし椀は「薄い木地に艶やかな漆こそ最高」といった従来の型を破り、ふくよかな柔らかさを出すためにあえて肉厚の独自のフォルムにこだわり、艶を意識的に抑えている。 "Warm Black"と名づけられた新感覚の「漆黒」には高級料亭の懐石椀とは違う素朴で優しい表情がうかがえる。アスキー出版 「黒の図鑑 THINK BLACK」より
この商品を購入する